HOME | 研修情報

研修について私たちは、管理員・清掃員の基本的実務を習得することだけを考えている訳ではありません。業務上の報告、連絡、相談の徹底や、社会人として期待される研修を特別講習として展開しています。

説明会

社内研修室にて、管理員・清掃員業務の説明、実技を行います。お客様対応の心構え、個人情報の取り扱いについても学びます。

研修(1~3日)

弊社のベテランスタッフが勤務するマンションで、一緒に作業を行いながら、実際の業務を学び、不安を解消します。

業務スタート

比較的短時間の業務から始めます。早く一人立ちすることにより、自覚・責任感が高まります。

巡回指導

代行員が業務している物件を巡回員が訪問して、業務内容をチェック、指導し、疑問質問等に答えます。

特別研修

お取引先管理会社様の研修施設で、ご厚意によりさらに専門的な研修を受けさせていただいております。

「認知症サポーター養成講座」や「普通救命講習」への取組み

共同住宅であるマンションにおいては、快適な住環境を守っていくために常に色々な取り組みが行われています。
私たちは管理員業務に必要な研修は勿論のこと、「認知症サポーター養成講座」「普通救命講習」「防災セミナー」や「接遇・接客セミナー」などマンションのコミュニティ形成のお 役に立てるよう様々な講習を実施して参りました。今後も新たなテーマに積極的に取り組んで参ります。

研修会
「健康長寿のススメ」セミナーの開催

2015年9月27日、東京地区合同研修会を開催いたしました。今回は第1部「マイナンバー制留意点」伊地知時先生、第2部はスタッフによる「体験談」発表、第3部は「働くシニアは健康長寿」星先生と盛りたくさんの内容となりました。 特に第3部は「当社アンケート結果」の分析を元に解説いただき興味深い講演となりました。最後の「感謝の集い」も例年通り大盛況のうちに終了いたしました。

研修会
「健康長寿のススメ」セミナーの開催

2015年9月13日、関西地区合同研修会を「ハートンホテル北梅田」で行いました。星先生の「健康長寿を目指して」の講演では当社との「協働調査の結果」を元に働く事の重要性が説明されました。代行スタッフ3人の「事例発表」も行われ予定を大幅に超え盛況のうちに終了いたしました。後半の「感謝の集い」では日ごろ活躍の皆様に感謝をこめて表彰、余興などを行い楽しいひと時を過ごしていた だきました。 

研修会
「これからの健康管理について」セミナーの開催

2014年9月28日、「若返る脳 延ばそう健康寿命」(安村禮子氏)「年金獲得1億円! 健康長寿と生涯現役」(星 旦二氏)の講演を行いました。健康 で長生きして年金を獲得しようという話題に会場は終始笑いの渦でした。ユニークな語り口の中に「健康」と「生きがい」の大切さを教えられた研修でした。 終了後は「感謝の集い」、ここでも先生を囲みにぎやかな会話が飛び交いました。皆さん大満足の1日でした。

研修会
「これからの健康管理について」セミナーの開催

2014年9月14日、今回は「これからの健康管理」(木山昌彦氏)と「成人病予防のお食事」(福田也寸子氏)のお二人の講師をお招きし研修を行いました。 健康管理の重要性が叫ばれる中今後の業務に生かせる有意義な研修となりました。 後半の「感謝の集い」では情報交換、懇親と大いに盛り上がり日ごろの思いが飛び交うなど盛況のうち終了いたしました。 

研修会
「サービス業としての接遇、接客」セミナーの開催

関西でも本社研修で大変好評を博した専門講師を迎えて、接遇マナーや接客、応対等の特別講習を開催しました。マンション管理業務は安心・安全で快適な住環境を提供するサービス業でもあります。今後の管理業務の品質向上を目指すのに大変有意義な1日となりました。

研修会
「サービス業としての接遇、接客」セミナーの開催

管理業務はサービス業でもあることから、接遇マナーや接客、応対等の専門講師をお招きして全員一緒に考え学ぶことができました。管理員業務の品質向上を目指して、一層飛躍することを心に刻んだ1日でした。 

研修会
「誰でもできる感動接客」セミナ-の開催

関西地区で合同研修会を開催し、より良い接客とは何か?について学びました。通常の接客とお客様に喜んでいただくための接客の基本動作の違いなど認識を新たにし、明日からの業務に早速役立てて参ります。

研修会
「防災セミナー」の開催

東日本大震災以降、最大関心事となっている大地震に備え、私たちは職場でも家庭でも 緊急時の対応を習得しておく必要があります。東京消防庁より講師をお招きし、被災前後における管理員の役割、初動業務、避難方法等について学び、大変役立った講習となりました。 

感謝の集い
第五回コミュニティセンター感謝の集い

関西地区で合同研修会を開催し、より良い接客とは何か?について学びました。通常の接客とお客様に喜んでいただくための接客の基本動作の違いなど認識を新たにし、明日からの業務に早速役立てて参ります。

普通救命講習会
第二回普通救命講習会で33名の方が認定証取得

今回第二回目の講習会を開催し、第一回目の講習会と合わせて当社のスタッフの約半数近い方に認定証を取得していただきました。AEDは現在ホテルやマンション・デパート・駅や空港などに多く設置されています。人の命を救える機械ですから多くのスタッフが万が一の場合に使用できるように、これからも取得の機会を増やします。 

認知症サポーター養成講座
認知症サポーターは102名になっています

どの管理会社様も認知症サポーター養成には力をいれており、必然的に代行員にも求められるものと思います。しかし、ただ勤務に必要との考えだけで企画している訳ではなくて、一人一人が日常生活においても認知症の方に温かく接することが出来るよう期待しています。

普通救命講習会
第一回普通救命講習会で52名の方が認定証を取得

心臓の病気が原因で亡くなった人は、毎年5~6万人になるそうです。
近くにAEDがないことも考えられますが、「気道確保」や「胸骨圧迫」は救命法を習得している人なら可能です。
救急車を要請してから現場到着まで東京の場合で平均7分、この間の対応が重要と指摘されているため講習会を開催しています。
 


 

 

copyright © Community Center co,.ltd All right Reserved.